DIARY

いまやらにゃ

自転車でウイリーとジャックナイフをやってみたい。
いまならまだ練習してできるようになる体力が残されているかもしれないと思ったのだけれど、
どうだろう?タイムアップかな。
大型バイクの免許を取ったのも、
少しエスカレートしてモトクロッサーに乗ったのも、
そのとき今やらなければ一生やらないだろうと思ったから。
年齢的に今が最後じゃないかと思ったから。

欲張りで馬鹿げた考えだけれども、
人間の寿命がもし1000年くらいあるのなら、
いろんなテクニックを死ぬ気で練習して身につけてみたい。

飛行機を操縦するテクニックだとか、
モトクロッサーを自在に操るテクニックだとか、
ウインドサーフィンのテクニックだとか。
トランペットを思った通りに吹けるテクニックだとか...。
そうしていろんなテクニックを持って感じられるようになる世界に生きると、
どんな歌詞が書けてくるのだろう。

今やらなければ一生やらないだろうことがどんどん多くなる。
今感じなければ一生感じないだろうことがどんどん多くなる。
歳を取るということはそういう一面もあるらしい。



 

2008.10.30(木)

歳を取ることを、マイナスだと思う人とプラスだと思う人がいるみた
いだね。
歳を取ればプラスなところもマイナスなところも両方ある。 
僕はまだ42歳だからそういうことについてはなんとも言えない年齢
なのだけれども。
だから今は予想としてしか言えないのだけれども。
こういうことは、そんなにたいしたもんでもない人生を語ってしまう
ことになるから恥ずかしい。
52歳の自分が読んだら恥ずかしいと思うだろう。でも今日は敢えて
書くことにする。
体力は年とともに衰えるけれども、人間の精神は成長していると思い
たいんだよな。
とりあえず今の時点では歳を取ることはぼくにとってはプラスのよう
に思える。体力が低下してきたり、仲が良かった友達となかなか会えな
くなったりというのもあるけれども、10年前分からなかったことが今
は分かるし、今思うとずいぶんせこいことにこだわっていたようにも思
えるし、くだらない見栄もなくなってきた。いまのほうが少しはましな
性分になってきたようにも思えると同時に、いまのほうがさらに自分は
馬鹿でだらしがなくてしょうがねえ奴だという実感がある。
若い時は、人生はただつらくて大変なもので中途半端に突っ張ってい
なければならないところもあったけれども、今、人生はさらに大変なの
かもしれないが、同時に面白い面もあるということを知り始めたんだな。 
成長したかどうかは自分次第で、成長することがめんどくさくなった
らしなくなるし、変化し成長しようという気があって、それを行動に移
そうとするパワーがあれば少なくとも成長する可能性があるのではなか
ろうか。
めんどくさくなってくるというのが老化なんじゃないだろうか。
若い時は年上の偉そうな感じの人が嫌いだった。それは今でも変わら
ない。
10年前の自分に比べて今の自分は偉いのだろうか。それは長く生き
たんだからそれだけでまず偉いんじゃねえか。若い時よりも経験を多く
するなかで、成功も失敗もした。だからといって10年前の自分に対し
て威張ったりするような恥さらしはなるべくしたくない。若い自分が酷
いことをしているならば諭したいけれども。
自分より歳を取った人は、歳を取った分だけ偉いところもある人がい
るかもしれない。諭されたら注意深く考えてみる必要がある。しかし威
張っているだけなのならば、その人は内面の成長が止まってしまったの
だと、人から思われてもしょうがない。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM