DIARY

2006.01.26(木) 

昼前にアトリエに着いてしばらく雑用をしたあと、歩いて少し遠くにある古い感じの喫茶店に行って、詞の下書きをする。ウインナーコーヒーがうまい。紙のコップで飲むスターバックスのような最新のコーヒーショップもいいが、70年代の香りがする、いかにも喫茶店然とした感じのお店が僕は好きだ。高校時代からそういったお店で、コーヒーを飲みながら文庫本を読むのが楽しかった。

僕がまだ3,4歳くらいの頃、母親が喫茶店でパートをしていて、保育園に行った帰りに立ち寄ることが多かった。そのお店の、甘いコーヒーのにおいのする暗いカウンター席で、足を組んでいる大人たちのまねをして、自分も足を組んで面白がってみた記憶が残っている。僕の記憶の中でかなり初期のものだ。いまだに、無意識的に、椅子に座ると足を組もうとする癖がある。保育園で僕はたまにいじめられ、その喫茶店に着くと、とても安心したような憶えがある。僕の喫茶店好きは、たぶんそこに端を発している。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM