DIARY

ポップス論

この間とあるラーメン屋で聞こえてきたポップスなのだけど、
自分たちが作る曲で、
聴く人をものすごく感動させてやろうという意気込みが、
強力に満ちあふれていて、
ぼくは引いてしまった。

感動させようと必死になっている作品に出会うと引いてしまうんだ。
人を感動させようとして作品を作るのってなんかどこか違う気がするんだ。
まったく感動させようとしてない作品に感動することがあるんだ。
じゃあどうやって作品て作られるんでしょうね。へへへ。

この辺りこのことは吉本隆明さんがいろんな場面で説明していた。
吉本さんがもうこの世にいないってのは、なんだか寂しいなあ。





関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM