DIARY

朝から朝。そして「我ら、時」

ジョギングを朝やることにしてみたら、
仕事がはかどるので、
朝型生活をおくっている。
アトリエで朝から曲を書き、
夕方から小沢健二君のライブに行った。

三時間半たっぷりのてんこ盛り。
小沢君はどんどんエネルギッシュになってゆく。
映画のような、演劇のような、小説のようなコンサート。
どのアーティストにも似ていない独自の世界。
それに磨きがかかっていた。
切ないような綺麗な映像も音楽もセットもとても良かった。
「いちごが染まる」って曲の歌詞はほんと綺麗だな。
なんか宮沢賢治みたいな、
シャガールみたいな、
大人の童話のようでさ。

その後アトリエに戻り急に入った仕事を朝方まで。
すこし仮眠してまた曲書きの続きをして、
夜にひとまずの形が出来上がった。

ここのところ調子が良すぎる。
ジョギングの効果か?
逆に注意せねば。


追記

小沢君のコンサート、
「時」がテーマだった。
我々ひとりひとりの「時」、
ひとりひとりの「時」が交差し、離れてゆく。
時の象徴として、
ステージに並べられたたくさんのメトロノームが、
バラバラのリズムで「時」を刻んでいる。
その、それぞれの「時」が一つのリズムに向かってゆき、
最後の一つのメトロノームがリズムを刻み始めたとき、
突如ステージが暗転してライブが始まる。
昔の文人のような、
こんな「象徴」に満ちたライブをやっている人って、
今はもういないよなあ。

マンガ的でも、インターネット的でも、
ジャーナリスティックでもない。
言うならば「象徴」的。

過去と未来を見渡してもなかなか見つからない
二度三度見たくなる映画のような、
珍しいコンサートだった。






calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM