DIARY

ノッてけ!

以前に見た吉本隆明さんの講演をテレビで再放送していた。
あの吉本さんの講演は見に行ったし、
あとで放送されたテレビも見たのだけれど、
昨日もう一度見てあらためて吉本さんの笑顔や眼差しが胸に迫るとともに、
「関係の絶対性」の説明が自分に響いてきた。

そう言えば、夏目漱石の小説は、
「坊ちゃん」、「三四郎」、「それから」、「門」など、
「関係の絶対性」に翻弄される人間たちばかりが描かれていたなあ。
「こころ」に至っては、
その悲劇を容赦なく描いている感じだ。

明治の時代に、
「自由」をふつうの人々が手に入れることができるようになった時代に、
いち早くこういうテーマで小説を書いた漱石はすごかったんだなあ。

 言語芸術はその人の宿命をあらわす。

 自己表出と指示表出と、
 その作家の持つ特性、個性、すべてが合わさり、
 その作家自身の必然性(悲劇、宿命)から表現された作品が、
 「開かれた普遍性」を持つ。
 そこで初めてその作品の芸術的な評価が決まってくる。


ポップスを書いてきた自分にとって、
納得のいく言葉。
表現を、作者を、丸裸にする言葉だな。

 (指示表出で)コミュニケーションする機会が多い社会になればなるほど、
 経済的価値が重要な社会になればなるほど、
 そこに生まれる作品の芸術度は薄まってゆく。

 ファンクショナリズム(機能主義)は、
 マルクスの時代くらいから始まっていて、
 今も時代を席巻している。

マルクスを評価しながらも、
マルクスの間違い(機能主義の間違い)を指摘し続けた吉本さん。

その意志はぼくたちに引き継がれたんだよな。

そんなことを思ってたら、
なんだか頭が冴えて眠れなくなり、
始発電車に乗ってアトリエへ行って曲作りの続きをした。
アトリエに着いたら寝てしまうかなと思いきや、
仕事が捗って作りかけていた曲がなんとか最初の形になった。

新しい機材の調子が良い。
今までよりも早く曲が形になる。

眠くてたまらなくても、
ノッているときというのは、
頭が回転して止まらなくなるから、
こういう時を利用して曲作りを一気に進めることがある。
しかしあとがきつい。
今日はもうヘトヘトで、
ジョギングも筋トレも珍しく中止。

この調子で今週も曲をノッて書くぞ!




関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM