DIARY

スコップ団に参加して。

ラストスコップに参加した。
僕は去年の11月からスコップ団に月一のペースで参加させてもらった。

スコップ団にほんのすこし参加させてもらって、
いつの間にか考えさせられたことが多かった。

スコップ団に参加してまず驚いたのは、
現場は安全な場所とは言えないところだったのにもかかわらず、
怪我人がひとりも出なかったことだ。

彼らはその日に初めて会う見ず知らずの人どうしで、
スコップする前に具体的な打ち合わせをすることもないのに、
誰もが現場で様々な作業を休むことなくやった。
重機を運転できる者や工具の扱いに長けた者などがいた。
その時々に起こる問題に誰かがアイデアを出して、
危険を回避しながら作業して、
自然に協力し合っててきぱきと作業していた。
彼らが現場で作業する姿はどこか男らしくて、
過去のどんなロックスターやパンクロッカーよりも一億倍かっこ良かった。

でもそのかっこ良さは、
人にアピールするものではない。
自分たちの胸にしまって鍵をかけておくものだ。
なぜなら被災された方々がいるのだから。
亡くなった方々がいるのだから。
それが被災された方々を案じることだ。
現場で作業する者の勤めだ。
現場ではスコップ団が主役ではなく、
被災された方々があくまでもメインだ。
その人たちのことを考えざるを得ない現場だった。

スコップ団のつなぎが黒子のように暗い色だったのは、
きっとそういうことなのだ。
僕のように赤いつなぎはふさわしくなかったんだ。
だから僕のつなぎは現場で笑われ、面白がられた。
それは当然のことだった。

被災地を訪れ、
自然の想像を絶する力を目の当たりにして、
家に溜まった泥をスコップで救いながら、
こういった行為は人間が大昔から行ってきたことで、
そしてそれを行ったことによっていろいろ考えたであろうこと、
そういうなにか脈々と流れている、
人間の人間らしさのようなものに触れているのではないか、
と思えるときがあった。

むかしから人間は想像を絶するいろんな自然災害に遭い、
祈りながらその後片付けをした人たちがきっといたのだ。
そういう名もない大人達の行為がまわりまわって、
そのおかげで今の我々が生きているのではないか。

歴史に名を残した織田信長や徳川家康や坂本龍馬よりも、
どこぞの残酷な国王よりも、
どこぞの見栄えや口先だけのロックスターやパンクロッカーよりも、
どこぞの中途半端な学者よりも、
そういった名もないふつうの大人たちのほうが、
一億倍もかっこいいじゃないかと思えた。

人は自然の力の前ではひとたまりもない、
弱い生きものだ。
むかしの人たちは今の我々よりも、
日常的に痛烈にそういったことを目の当たりにしていただろう。
そしてそんな時人々はお墓を掃除したり、
お参りして祈りを捧げてお供えに花を手向けたりしたのではないか。
むかしからふつうの大人たちはそういうふうにしてきたのではないか。

手の空いてる大人たちが弱い者を助けて、
亡くなった者たちに祈りを捧げ花を手向けて、
怪我した人をいたわって、
被災された地域を後片付けして、
しかもそういうことを人に自慢したり押し付けたりするわけでもなく、
見返りを要求することもなく、
ただ思わずいつの間にかそういうことをしてしまっていて、
舞台役者をサポートする黒子のようにステージの影となって仕事をし、
風のように去った、
そういう者たちがきっといたのではないか。

スコップ団もそんな(かっこいい)ふつうの大人たちだった。
そしてスコップ団も風のように去る。

善行は難しい。
善行は隠さなければならない。
善行を積んだからといって救われるわけでもない。
見返りを望んではならない。
でもいつの間にか見返りを期待している自分がいたりする。
見返りが果たされなければ逆にどす黒い恨みを持つ。
善行は僕たちが神様ではなく人間であるかぎり、
そういう危うい契機を孕んでいる。
善意は悪意よりたちが悪いことだってあるのだ。
自分の善行に溺れまいと、
必死で考えなければならない。

僕にこういった機会を与えてくれた、
団長はじめスコップ団のみなさんに感謝します。
彼らは優しかった。
ありがとう。



(山元町のイチゴ。おいしかった!)





calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM