DIARY

重い砂、軽い砂。



土曜日に山元町へ行きスコップ団に参加してきた。
この週がふつうの家をスコップするのが最後ということだった。
来週は小学校をスコップし、
最後のスコップは浜辺の方をやるということだ。

この日は風が強く、
砂が目や耳に入ってきて痛かった。
先日ひいた風邪のせいでジョギングをしばらく止めていたので、
体がなまっていて、
スコップの重労働が身体にこたえた。



2軒の家がピカピカになって午後2時ごろには終わった。
マスクを取ったら、
マスクの外より中の方が泥だらけになっていた。

砂は身体のいたるところに入ってきて、
鼻の穴や口の中がしょっぱかった。
帰りの新幹線でウトウトしたら耳から砂がこぼれた。

しかしこの砂は乾いていて軽かった。
僕が最初にスコップ団に参加したときは、
砂は湿っていて黒く重かったが、
最近のスコップでは、
砂はすっかり乾燥し、
ぼろぼろと砕けやすくて軽く、
白くさらさらしている。

スコップが終わりに近づいて、
砂が軽くなってゆく。





calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM