DIARY

アリス・クリードの失踪



映画「アリス・クリードの失踪」を見た。
誘拐犯二人と人質を描いたサスペンス密室劇。
ストーリー展開で、
見る者たちをあっと言わせてやろうという作者の意図がミエミエな感じがするのだが、
なかなか面白かった。
イーサン・フォークの映画「テープ」みたいに三人しか演者がいない。
密室という設定も同じ。
こういう映画を見ながら、
登場人物たちのストーリーがどうなるかを予想するくせが最近ついてきているのだが、
今回は予想した展開が当たった。
というか、このラストが、
映画のエンディングとして一番形になるだろうな、
と僕にさえ予想できてしまうところが、
この映画の「あともう少し」なところか。






calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM