DIARY

2005.08.30(火) 

ご無沙汰してます。また一年ぶりの更新になってしまいました。すいません。  
最近は専らトランペットの練習に励んでいる。毎日アトリエで数時間吹いている。7月に、ポケットトランペットからふつうのトランペットにバージョンアップした。30歳半ばを過ぎてからテナーサックスを始め、アルトサックスを始め、今度はトランペットだ。ぼくは音楽を聴くことも好きだけど、それよりも楽器を触ったり眺めたり演奏したりすることが好きだ。たいして上手くなれないのだが。トランペットは、 サックスに比べると難しい楽器だ。サックスは、音を出すだけなら、それほど難しくはない。でもトランペットは、ちゃんとした音を出すことが、まず最初の関門だ。アンプシュアーと呼ばれる、口の基本的な形を作るのがなかなか難しい。2オクターブ半の音域を、きれいに一定に吹けるようになるまではけっこう時間がかかるのだ。まだぼくは高い方のFから上がほとんど出せない。唇の周りの筋肉を鍛えなければならない。きれいに音が出せたときは、気持ちがいい。トランペットはやばい楽器だ。演奏者を魅了してしまう楽器である。
トランペットを毎日吹いてたら、Jazzが聴きたくなった。最近はすっかり聴いていなかったマイルス・デイビス、チェット・ベイカー、オーネットコールマンとドンチェリーのコンボをiPodに取 り込んで聴いてみる。彼らそれぞれの音楽に、また新しく感動する。チェット・ベイカーが、こんなにもトランペットの名手だとは知らなかった。彼の歌ばかり好きで聴いていたので。  
ジャズが盛り上がっていた時代には、彼らの破綻した生き方だとか不幸な人生の物語がごろごろ転がっている。理由はいろいろあるだろうが、きっと、楽器の魅力に取り憑かれ、他を犠牲にして、演奏することに熱中しすぎていたのだろう。でも今はそんな時代じゃない。そんな物語は古くさい。今はミュージシャンでも誰でも、ふつうに一人前に生活することが大事だ。しかし、人が夢中になれることにおいて、例えばサッカーワールドカップやオリンピックやボクシングの世界タイトルを獲ることみたいに、Jazzをやったり聴いたりすることがスリリングだった時代がかつてあって、そして今はそういう時代じゃなくなっているのは、寂しいことだ。あの頃のジャズは、いま聴いてもクールだ。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM