DIARY

桜が咲く頃まで

春が来ている。
もうすぐ桜だって咲く。

そんな当たり前のことを僕は忘れていた。
みんな忘れているみたいだ。

まずは桜が咲く頃まで耐え忍ぶんだ。
まだ動ける僕は「あたらしいふつう」を取り戻そうとするんだ。

そして桜が咲く頃に、
まだ旅を続けている好運を、
今までよりもつよく胸に刻みこみたい。
桜が散ったらそのあとには、
たくさんのあたらしい葉が芽吹いて山や草原を青々と染めるだろう。
きっと命は町の中で今までよりももっと濃い色になっているだろう。

まずは桜が咲く頃まで。






関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM