DIARY

2009.1.14(水)

このあいだ買ったむかしの歌謡曲をiPodでいっぱい聴いて街を歩いたら、こ
ころのなかで自分は髪と髭を伸ばしパーマをあてパンタロンをはいていた。惚
れ惚れするほどいい曲がいっぱいある。ぼくは英米音楽ばかりを聴いてきたか
ら、今さら歌謡曲の素晴らしさに初めて出会ったようなものであり、この年に
なって音楽にとても新鮮な感動が得られて嬉しい。
小学生の頃、なぜ山口百恵がカリスマ的な人気があったのかよく分からなか
ったけれど、いまはよーく分かる。「美・サイレント」の、なんですかあの伏
せ字は!けしからん!サ・イ・コ・ウ。
阿木陽子さんの冴えまくった歌詞。その歌詞を全力で引き立てようとしてい
る楽曲。曲だけ取り出して吟味してみると、メロディーのポップさは、とんが
り過ぎているところもあって完璧なものではない。曲としては少し粗野なとこ
ろもある。だがそこは作者が狙ってそうしているようだ。なによりも百恵ちゃ
んの絶妙なキャラクター。あともう少し上品になっても下品になってもつまら
ない歌になる。彼女の歌が乗ったときにできあがるトータルコセプトの完成度
の高さ。宇崎竜童と阿木陽子と山口百恵のゴールデントライアングルは燦然と
輝いていた。かといってぼくの作る曲に百恵ちゃんの影響が表れることはなか
ろう。
宇崎竜童さんは「ダウンタウンブギウギバンド」で不良キャラを演じていた
が、おそらく実は真面目な、もしかすると音楽に真面目すぎるほどのお人柄な
のではないだろうか。そうでなければあれほどコンセプトにぴったりくるよう
な曲を書けていけたはずがない。
70年代の歌謡曲の世界に山口百恵がいなかったら、物足りない時代になっ
ていただろう。山口百恵だけにあらず、この頃の歌謡界は役者がそろいすぎて
いたなあ。こんなことを2009年のいまになって初めて気づいた自分よ、遅
すぎる...。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM