DIARY

2009.4.1(水) 

「アーグ・ミュージク・ウォー」というコンピレーションアルバムはポリス
のドラマー、スチュワート・コープランドの兄、マイルス・コープランドがプ
ロデュースした、80年代初頭のニューウェーブバンドを集めて行ったライブ
を収録した2枚組のアルバムだ。中学3年の時、ポリスやディーヴォのライブ
が入っているからという理由で買ったのだが、このアルバムに参加している不
思議なバンド達が醸し出す雰囲気にどんどん惹かれていった。アルバムのジャ
ケに載っているアーティスト写真を見ながら、ロンドンとアメリカのアンダー
グラウンドシーンで起こっているムーブメントに心をときめかせた。
そして日本でも、P-MODELやプラスティックス、ヒカシューといったバンド
がたまにテレビに出始めていた。プラスティックスを初めてテレビで見たとき
はびっくりした。ドラムがいなくて代わりにリズムボックス担当の人がいて、
くるくる回って変な動きをしながらギターを弾いて、全員髪の毛が逆立ってい
て「コピー、コピー、コピー」と連呼していて、なんかすごいかっこいいと思
った。ニューウェーブってもしかしたらスゲエんじゃないか、パンクっていっ
たいなんなのかをいろいろ知りたくなった。
しかし神戸から引っ越した当時、郡山市には東北新幹線が通っておらず、F
M ラジオ局が NHKFM一局、AMラジオ局も一局、テレビは民放局が2局しかな
かった。書店は大きめなのが一店あったが、パンク、ニューウェーブの情報が
載っている雑誌は入ってきていなかった。輸入レコード屋は無く、日本盤ばか
りを売っている小さな町のレコード屋さんが2、3軒あるだけだった。つまり
パンク、ニューウェーブに関する情報、音源がまったく手に入らなかった。そ
れに比べ、今はインターネットという超巨大な情報端末がある。あの頃と比べ
るとすごいギャップだな。
だから「アーグ・ミュージック・ウォー」を聴き込んで、誇大想像するしか
なかった。XTCやペレ・ウブ、エコー・アンド・ザ・バニーメン、クランプス、
ギャング・オブ・フォー、オインゴ・ボインゴ、クラウス・ノミ、ウォール・
オブ・ヴードゥー、アステレコ・スピリッツ80's、フレッシュ・トーンズ、ジ
ュールス・ホランドなど、どのアーティストもかっこ良くて、各アーティスト
のアルバムを一枚ずつ欲しくてしょうがなかった。今も、自分がかっこいいと
思う音楽の基準はここにあるような気がする。このアルバムを聴いて自分は高
校生になったら絶対ニューウェーブバンドをやるんだと心に決めたんだな。
ぼくがここのところずっと自分の中学生の頃をこのVOICEに書き続けている
のは、この「アーグ・ミュージック・ウォー」のアルバムのライブ映像を最近
初めて観たからである。この映像が手に入りやすくなったことは何年も前から
知っていたが、とても思い入れのあるアルバムだし、自分の夢が壊れるのが嫌
な感じがして、観る気がしなかった。しかし、実際に観てみて、自分が子供の
頃に想像した通り、めちゃくちゃかっこいいライブ映像だったので大興奮して
しまった。「アーグ・ミュージック・ウォー」のことが書きたくて、そうこう
しているうちに、つらつらといろいろ中学時代のことを思い出してしまったん
だな。

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM