DIARY

2009.8.07(金)

まだ途中段階の考え、仮定の話なのだけど忘れちゃわないようにVoice に書き留
めておこうと思った。ここのところ、ぼくが感じていた漠然とした感覚が、わりと
すっきりとした言葉になって頭の中に浮かんだ。
それは、「コンピューターの世界の外に出たい」という気分。もしくは、「メデ
ィアの世界の外に出たい」という気分か。ぼくがやたらにバイクでツーリングやオ
フロードコースに行きたいと思うようになったのも、コンピューターの世界の外に
出て、コンピューターの世界を、その外から眺めてみたい、という気分が自分の中
に多少なりともあるからなのではないか。
ぼくがボクシングを始めたときも、自分が頭から足の先まで浸かっている音楽の
世界から出て、音楽の世界を少しでも外から眺めたいという気分が、ずっと自分の
中にあったからではないかと、そんな気がしている。
流れの「変化」を知るには、流れの外に一旦出たほうが分かりやすいときがある
と思うのだ。
日常がコンピュータの世界の中に入り浸り過ぎてしまって、コンピュータの世界
の中からしか考えなくなりがちな感じ。コンピュータの世界を一度突き放して、い
っぱいある「人が生きている場所」の、「ある一種類の場所」なんだと、相対化し
て考えたいという気分が、自分の中に最近ずっとあると言えばあるなあ。そうしな
ければ、コンピューターがどう便利なのかとか、なぜあるのかの意味がうやむやに
なって、分けが分からなくなってしまいそうな気がする。コンピューターに、イン
ターネットに、携帯電話メールに、新しいメディアに、自分がこき使われて、時間
を奪われてゆくというのではなくて、人間である自分が、コンピューター、インタ
ーネットを使っているんだという感覚を、取り戻したくなるような気がたまにする
んだな。



関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM