DIARY

四月

今日は空が隅から隅まで晴れ渡って、
遅咲きの桜が散らずに充分に咲き誇っていて、
その背後には、
混じり気の無い空の青が息を飲むほど透きとおっていて、
昼下がりの日差しは草原を銀河系に仕立てあげ、
一陣の風は草花の大洋を津波と成って通りすぎ、
まったく嬉しい日和だった。
こういう日をいつまでも憶えていたいし、
幾たびでも経験したいんだ。



関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM