DIARY

暇を潰さない

道ゆく人、駅のホームにたたずむ人、皆がケータイを眺めている。
そしてぼくも、どうも最近は少しでも時間があるとすぐに、
iPhoneを手に取ってツイッターなんぞ眺めたりしてしまう。

バス停でバスを待っているとき、
バスが来るまで10分くらいあるとなると、
iPhoneを使っていなかったころは、
退屈でしょうがなくてまいったなとか思っていたのだが、
最近はツイッターなどを眺めているとすぐに時間が経つので、
始めは退屈する時間がなくなって良かったと思っていた。
しかし、ここのところ一年が過ぎるのがものすごく早く感じるのは、
ケータイを見たりネットを見たりを、
しょっちゅうするようになったからではないかと思える。

それはひょっとしたら、
「自分の時間」が、他の誰かの時間に奪われて、
減ったきているということなのか。
そもそも「自分の時間」ってなんなのか。
そんなもん、あるのだろうか。

例えば、
自分の沈黙を保つ時間が本当の自分の時間なのかもしれない。
まったくなにもしない時間を作って、なにもせずに、
ただダラダラ過ごす時間。
学生時代は暇だったので望んでいなくてもそういう時間があった。
そんなときは曲のイメージがよくわき起こったりした。

「思考停止」という言葉は、
良くない言い方として世間で使われることが多いが、
本当に思考を停止するのもまた難しくて、
なかなかできなかったりする。
暇を潰さないで居ることって難しい。
ケータイを見なくても、本を読まなくても、
人は時間を持て余すと、
端からはぼーっとしているように見えながら、
なにかしら頭の中で考えてたり、思い出してたり、
想像してたりする。

でも例えば、風が心地よく感じるなあ、とか、
あの電信柱の向こうの空がきれいだなあとか、
そういう感想が生まれるきっかけの瞬間は、
本当になにも考えていない瞬間であるような感じがするのだ。

ぼくは寺で座禅を組んだことがないからよく知らないのだけれど、
座禅を組んで邪念を払いのけ、
なにも考えないようにする訓練をするっていうのは、
まさに自分の沈黙の時間を作ることで、
それこそが自分の本当の時間を作ることなのかもしれないんだよなあ。







calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM