DIARY

マーキームーン

気持ちいい秋空が広がっていたから自転車でアトリエへ。
そして歌入れ。
何テイクか良いのが録れたけれど、
違う歌い方をしてみたくなったので、
あしたもう一度トライしてみる。

僕が書く曲の歌は、大概力んで歌うと良くないのだが、
いま歌入れしている曲に関しては、
力んで歌うのもアリのようだった
僕にしては珍しい歌入れだ。

自転車で夜の街を走っていると、
ビルの間の低い空に、山吹色の巨大な月が姿を現した。
マーキームーンは僕が帰る方向に浮かんでいたから、
マーキームーンに向かって真夜中にチャリのペダルを漕いだ。






関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM