DIARY

ジム・ホール逝く

すっかり寒くなった。
ジョギングするのが億劫になる季節がやってきた。
寒さでからだが縮こまる。
外に出るのが面倒になる。

エイヤッとばかり外に出て1、2キロ走れば、
自然にからだは温まって走りに惰性がついて、
足が勝手に動く。

ぼくがジャズギターの世界にハマるきっかけになったギタリスト、
ジム・ホール氏が亡くなった。
ボブ・ブロズマンの影響でジャンゴ・ラインハルトを聞きはじめ、
ジョー・パスに興味を持ち、
そしてジム・ホールの”Live!"というアルバムに出会った。
このアルバム によって決定的にジャズギターに興味を持つようになった。
20年くらい前に、
ビル・エバンスとの"Undercurrent" とソニー・ロリンズとの”Bridge"は聞いていたが、
ジム・ホールのギターの美しさにその頃は気付かなかった。
1975年の"Live!"は60年代から新しいジャズギターの可能性を模索していたジムの仕事が結実したような、
美しい官能的なアルバムだ。
彼のギターはスポーティーとか、アクロバティックとか、
早引きを弾きまくる曲芸的なギターではないが、
ギタートーンは深くイマジネーションに富む。
和音のセンスは息を飲むほどリリカル。
複雑にスケールを使って空気のキャンバスに絵を描くように演奏する。
その旋律はキュビズムの絵画のように象徴的で、
ピカソが描いた貴婦人のように多面的で叙情的な表情をたたえている。

70年代以降の彼のギターの旋律はどこか映像を感じさせる。
印象派の絵画のような暗示的な映像だ。
彼が雑誌のインタビューで、
絵画を鑑賞するのが好きだと言っているのを読んで納得した。

彼の演奏を生で見ることができなかったのが残念だ。
僕の世代は、
ジャズがスリリングな音楽として存在していたことを知っているが、
いまの若い人たちはどうなのだろう。
願わくば若い人たちに、
ジム・ホールやウェス・モンゴメリーのような、
すばらしいジャズマンを知って欲しい。

 

関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM