DIARY

最近好きなギタリスト

ジム・ホールのアルバム"Live!"(75年)を繰り返し聞く。
スリリングで刺激的で聴き惚れてしまうアルバムだ
彼の演奏はずっと前に"Undercurrent"を聞いていたが、
いまは以前と全く違って官能的に聞こえる。
本格的にギタリストとして彼が好きになった。
どう弾いているか知りたいと思うようになって、
早速譜面を取り寄せた。
このアルバムをきっかけに、
彼はジャズギタリストとしてぼくの中でジョー・パスと同じくらい
大きな存在になりそうな予感がする。

ジャンゴ・ラインハルト、ジョー・パスに次いで、
これで最近好きになったジャズギタリストは三人目。

ひとりソウルスタイルを始めて以来、
自分がハマったギタリストをここでリストアップしてみる。

カントリーブルースでは、
ジョン・リー・フッカー、ロバート・ジョンソン、ミシシッピ・ジョン・ハート、
スキップ・ジェイムス、チャーリー・パットン、サン・ハウス、
ブッカ・ホワイト、ロニー・スミス、ビッグ・ビル・ブルーンジー、
ブラインド・ウイリー・マクテル、ビッグ・ジョー・ウイリアムス
ボブ・ブロズマン、ライ・クーダー、タジ・マハル、キャットフィッシュ・キース。

ラグタイムブルースでは、
ブラインド・ブレイク、ブラインド・ボーイ・フラー、レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス。

ハワイアンでは、
ソル・ホオピイ、ロイ・スメック、サム・ク・ウエスト、キング・ベニー・ナワヒ。

ジャズでは、
ジャンゴ・ラインハルト、オスカー・アレマン、ジョー・パス、ジム・ホール。





calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM