DIARY

照準合わせ

ようやく歌詞の照準が定まった。
あとはどう書けば良いかだ。
あと何回か壁にぶつかるだろうが、
とりあえず曲は或る一方向に進み始めた。

歌詞の照準が合わない時は、
ノートにただめちゃくちゃ書きまくるしかない。
どんなに些細なことでも、
どんなに馬鹿馬鹿しいことでも、
どんなに恥ずかしいことでも、
自分だけが馬鹿馬鹿しい思いや恥ずかしい思いをするだけで済むのだ。

頭をどう動かすか、
いかに働かせるか。
足を使って場所を移動しながら考えることは、
考えを一所に留めておかないようにするのに、
やっぱり効果的だった。

考えをどう働かせるかは、
「からだをどう回復させるか」に関わっている。
へばっていれば、
考えは一所に留まってちっとも動かない。

どう「一休み」を入れるかってすごく重要なんだよな。


関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM